末っ子猫のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 猫の供血のこと

<<   作成日時 : 2011/03/19 16:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 9

ども、そるおっちゃんです。今日は暖かいらしいニャ。
オイラも母ちゃんの膝の上でマッタリ
画像
 なんかフクロウっぽい顔?












今日は、3/10に行って来た「供血」の事を少し書くのだ。
いわゆる人で言う献血の事だニャよ。地震の後関東でも献血に
行く人が1.5倍位に増えているらしいな。
画像
 僕は軽いし、血管細すぎて向かないの。













さて、まず供血の話をする前に、猫の血液型の話を少し・・・


@猫の血液型って?


オイラたちには3種類の血液型が存在して、それは「猫ABシステム」と言われる
A型(AA・AB)とB型(BB)とAB型の対立遺伝子から構成されているんだとさ。

ちなみに日本の猫、要するにMIXさんは大多数がA型で、B型やAB型は
とってもまれなんだとさ。そんでもって猫さんの種類によっては100%A型
しかいない種類とかもあるんだって。(アビシニアンさんは100%A型)

オイラ達ノルウェージャンはA型の確率が93〜97%なんだって。
他の純血種の子たちも大体一緒みたい。

なので、この血液型が合わないと輸血できないんだけど、不思議なことに
この血液型を判定してくれる機関がものすごく少ないらしいのと、
時間がかかるので待っていられないらしいのだよ。



A血液検査の方法は?


そこで、はたして血が合うかどうかの検査を実際の2つの血を混ぜて
行うんだけど、それを「クロスマッチ試験」っていうんだ。

1CC〜3CC位の血をそれぞれの猫さんから抜いて実際に混ぜてみるの。
その間に凝固したりするのは、型が合わずに拒否反応を示している事に
なるので、血液型を調べるよりも短時間で確実に調べる方法な訳。

血液型が分かっていても、このクロスマッチは必ず行う検査なの。
でも結果が分かるのには1時間半前後かかるので、その間病院で
待機してたりしないといけないから猫さんにも負担がかかる。
まぁオイラは夕方にやったから、そのまま帰って来たけど。



B供血できる猫さんの条件は?


ここまでは分かってもらえたかニャ?
では、この先はどういう猫が供血に向いているのかと言うことをご説明。

色々調べたけど、大体の動物病院では次のような条件になっているみたい。

・1歳〜7歳まで
・体重が4kg以上の個体
・オスもしくは妊娠・出産経験がないメス
・猫白血病および猫エイズ陰性
・定期的に3種混合ワクチンの接種をしている
・完全室内飼い
・疾病を抱えていない個体

この他にも、多頭飼いでない事とか、ヘモバルトネラ症陰性、皮膚疾患の
経験がない事、免疫介在性の疾病の経験がない事、過去に供血を受けた
経験がない事などが条件になっているケースもあります。

それと、なんといっても一番大事なのが、温厚な性格。
病院にもよるらしいが、オイラは保定だけで鎮静も麻酔もせず採血したのだ。
それに耐えられる穏やかな猫さんでないと難しいかも知れんな。



これがオイラの供血前の姿。首の頸静脈から取るのニャ
画像
 Mセンセー、首が疲れるニャよ。













Cどのくらいの量を取るの?


今言った通り、一番太くて取りやすい首の左右にある頚静脈から取るんだが
おおよそ体重4kgの場合、1回60mlをMAXにしてるみたい。

オイラ達は体重1kgあたり約65mlの血液があるの。安全な採血限度量は
全循環量の1/4程度らしい。
っつーことはさ、オイラ8kgだから計算からして120ml取ってもOKって事に?

でも実際に取れたのは38ml位だった。途中からなかなか血が出てこなくなって。
だからM先生は「足からあと10CC取らせて」と言って足を脱脂綿で拭き始めた
んだけど「いやぁ〜血管細すぎでムリだわ」と諦めた。


とまぁこんな感じ。で、大体の病院では抜いた分と同じ量の皮下補液を
補充してくれるみたいなんだけど、オイラはそのまま帰って来た。

帰ってきてからも、全然いつもと変わらずケロッとしてるから母ちゃんのほうが
ビックリしてた。抜いた血の量とか見てたからニャ。




ここでまとめるが、供血する際のメリットとデメリットについて。

メリット

・少し血を抜くことで新しい血が作られる
・血液検査などを無料でしてもらえる(必要な項目だけ)



デメリット

・鎮静や麻酔をする場合は、太っているとリスクがある
 (かかりにくく、さめにくい)
・本猫のストレス増加
・場合によって、貧血や元気喪失など一時的な健康不安定


オイラの病院にもドナー登録制度があって、数匹の猫さんが登録されて
いるんだけど、今回は平日だったのでなかなか来てくれるドナーさんが
いなかったんだ。それに供血は年に2回までで、1回やったら3カ月は
空けることになってるから、相当な数のドナーさんがいないと難しい。

結局は飼い主さんが自分で何とかドナーを探さないといけないのが
日本の獣医療の現状らしいニャ。




今回の被災地で暮らしていた猫さんたちはどうしたんだろう・・・
家族と一緒に避難出来てる子はどのくらいいるんだろうか。
避難出来てる子もごはんとか困ってないか?メシ送ろうか?

考えれば考えるほど心配になってくる。












★我が家の壊れ具合★








ベランダのサッシの付近が地震で破損した。
画像
 父ちゃん曰く「ここはサッシ取り付け後にモルタル吹いてるとこだから平気」




うちの父ちゃんは、一級施工管理技士つって、要するに現場監督なのだ。






1日1クリック有効♪あなたの1票を待ってるニャ
にほんブログ村


ポチっと応援うれしいニャ


1日1クリック有効♪あなたの1票を待ってるニャ
人気ブログランキング



♪いつもありがとうだニャ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
教えてくださってありがとうございました。
とても参考になりました。
つくね♂
URL
2011/03/19 17:16
そるおクン、がんばってくれたね。ありがとう。
 
2011/03/19 22:55
猫の供血や 血液型のこと 参考になりました。人間みたいに 供血のシステムが整っていないから 輸血の必要な猫さんのご家族は大変ですね。

お父ちゃん 頼もしいなぁ。
丸み
2011/03/20 00:46
そるおっちゃん、献血ご苦労さま。
結構条件が厳しいねえ。
献血するのも大変だ。
だんだんこういう機関が増えるといいね。
情報ありがとう!
タフィー104
2011/03/20 05:50
そるおっちゃん、頑張りましたね。
ご苦労さま。
にゃんこの献血はなかなか難しい感じ
ですねー。ウチの子は耐えられるかどうかとか
やっぱり心配はあるでしょうね。
ホントに、今回の震災でなくなったワンちゃん、
ネコちゃんも多かったでしょうね。今は
避難所には連れていけないらしいし、人間の
食料もままならない時期だから、難しいでしょうね。
飼い主さん達も苦しんでおられるのでしょうね。
ハリーママ
2011/03/20 16:31
まめさん、訪問が大変遅くなり申し訳
ございませんでした。又、ご心配のコメ
も頂きありがとうございました。
まめさんも猫ちゃん達も無事で良かった
です〜
本当に揺れて怖かったですものね!
猫にも人で言う献血があるんですね〜
血液型の事などもすごーく勉強になり
ました。なるほど・・・!
そるお君、良くがんばりましたね。偉い!
ベランダの破損、焦るけど お父ちゃん
の目利きがあるから安心ですね〜
ニキティキ
2011/03/22 11:50
そるとくん供血お疲れ様でした。私亡くなったみるくが輸血必要でしたが結局できずで・・・血液型のこととかずっときになっていました。にゃんずの血液型のことわかりやすくて勉強になりましたありがとうございます。
いちごみるく
2011/03/22 13:58
そると君、がんばってね〜。
なるほど、供血の事がすこしわかりました。
ベランダ、破損がだいじょうぶなのは、良かったです。

前記事のランタン、素敵なのが手に入りましたね。
まだまだ、夏過ぎて今度の冬まで、計画停電もありそうなので、手元に置いておいた方がいいかもしれませんね。
えるまーる
2011/03/22 15:25
みなさまへ

猫の供血のこと、少しでも興味をもってもらえたらうれしいです。
いちごみるくさんは辛い過去をお持ちだったんですね。ますます他人事ではありません。
いろいろ書きましたが、要するに完全室内飼いで、出生が明らかな子はたいてい供血できると思いますよ。
そるおさんをドナー登録するのはまだ考え中です。血は濃くても血管細いんじゃ必要量取れないし。
腎不全が進行するとドナーにはなれなくなっちゃいますからねぇ。難しいです。
まめ
2011/03/22 18:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキングに参加中

ブックマークに登録

お気に入りに追加

登場人物

画像
長男:まるちゃん

ジャンガリアンハムスター
2005.8家族の一員になるが2006.11天国へ
画像
二男:ペッパーくん

猫種:ノルウェージャンフォレストキャット
誕生日:2005.10.10
特技:ウカーッと鳴く事・毛玉作成
画像
三男:ソルトくん

猫種:ノルウェージャンフォレストキャット
誕生日:2005.10.23生
特技:オヤジ座り・人と会話する事
画像
長女:くりさん

種類:デグー
誕生日:2009.1生
特技:牧草を片っ端から引っ張り出す・目を半開きにして寝ること
猫の供血のこと 末っ子猫のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる